2021年の旧正月(春節)はいつ?旧正月が休みになる国まとめ

最近は訪日外国人の増加もあり、海外の国々がいつ休暇なのか注目されることが増えているように思います。中でも旧正月(春節)は大型連休ということもあり、関心度が高い気がします。旧正月は中国の休みという印象が強いですが、中国以外にも多くの国で祝日と定めていますので、その辺り整理してみました。



旧正月(春節)が休みになる国と地域

中国、香港、台湾、ベトナム、マレーシア、シンガポール、インドネシア、ブルネイ、モンゴル、韓国、北朝鮮など

2021年の旧正月

2021年の旧正月は2月12日(金)です。この日が旧暦の元旦にあたる日になります。

各国の2021年の旧正月連休について

中国 2月11日(木)~2月17日(水)
香港 2月12日(金)~2月15日(月)
台湾 2月10日(水)~2月16日(火)
韓国 2月11日(木)~2月14日(日)
ベトナム 2月11日(木)~2月17日(水)
マレーシア 2月12日(金)~2月14日(日)
シンガポール 2月12日(金)~2月14日(日)

編集後記

旧正月を利用して海外旅行をする人が増えていますので、逆に日本から旧正月休暇に行く場合には航空券が割高になる傾向があるようです。現地の旧正月を体験する目的以外であれば、お店も休みになることも多いので、その時期の旅行は避けたほうがいいのではないかと思います。